変形性膝関節症の検査と診断について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
変形性膝関節症の検査と診断について

診察から治療までの流れ

問診、視診、触診、・理学的検査
必要な画像検査を判断
・単純X線検査などの画像検査
・血液検査、尿検査(※関節リウマチ、痛風・偽痛風の有無がわかる)
・関節液検査(※関節液を採取し、炎症や感染、出血の有無を調べる)
ここまでの検査により、「原因疾患なし」、「原因疾患あり」、「変形性膝関節症ではない」が分かります。
変形性膝関節症の診断は、患者さんの自覚症状と、膝の客観的な状態を総合的に判断して行います。
まず、問診で患者さんの自覚症状や生活背景を聞き取り、次に、脚の形や歩き方などを見る視診、実際に触って膝の動きや痛む場所などを確認する触診・理学的検査へと診察を進めていきます。
変形性膝関節症の重要な診断材料となる関節の骨と骨の隙間は、単純X線検査でわかります。
より詳しい診断情報が必要なときは、MRI(磁気共鳴画像)検査やCT(コンピュータ断層撮影法)検査も行います。
血液検査や尿検査は、関節リウマチや痛風・偽痛風の有無を調べるために行います。
また、関節液を採取して調べる関節液検査を行うこともあります。
関節液からは、炎症の有無、感染の有無、出血の有無などがわかります。
変形性膝関節症の診断は、特別難しいものではありませんが、原因疾患がある二次性か、原因疾患がない一次性かを見極めることが重要です。
変形性膝関節症の治療だけでなく、原因疾患の治療も行う必要があるからです。
同じ変形性膝関節症でも、原因となる病気(原因疾患)がはっきりしている二次性のものと、原因疾患が特にない一次性のものとでは、治療法が全く異なります。
様々な診察や検査を行うのは、痛みの原因が変形性膝関節症だと明らかにするとともに、一次性か二次性かを見極めるためです。
二次性の原因疾患としては、関節リウマチ、痛風・偽痛風、半月板損傷、靭帯損傷、化膿性関節炎、大腿骨顆部の特発性骨壊死などがあります。
問診や視診、触診、・理学的検査、各種の画像検査、血液検査・尿検査、関節液検査などを行うことによって、これらの病気の有無がわかります。

原因疾患なしの場合

診断は一次性変形性膝関節症
変形性膝関節症の治療を行います。

原因疾患なしの場合

診断は二次性変形性膝関節症
病因疾患の治療+変形性膝関節症の治療(例えば、関節リウマチのために変形性膝関節症が起こっている場合、関節リウマチの治療と変形性膝関節症の治療を行う)を行います。

変形性膝関節症ではない場合

診断は関節リウマチ、痛風、偽痛風、半月板損傷、靭帯損傷、化膿性関節炎など
病気に応じた治療を行います。

問診→視診→触診→理学的検査

画像検査や血液検査の前に、患者さんの話や膝の状態から痛みの原因を推測します。
問診→視診→触診→理学的検査は、正しい診断を導き出すために行っていきます。

問診について

問診で大切なことは、患者さんがどのような症状で苦しみ、何に困っているかを、医師が把握することです。
問診の前に、できるだけ症状を整理してメモ書きにしておくと、医師との会話の際に役立ちます。
生活背景は、今の生活だけでなく、職歴やスポーツ歴、骨折や脱臼、半月板損傷や靭帯損傷など膝の怪我や、関節炎など病気の既往も聞かれます。
また、家族歴として、血縁者に変形性膝関節症、関節リウマチ、痛風などの病気をもつ人がいるかどうかも確認されます。
病院で記入を求められる問診票には、心臓病や糖尿病などの病気の有無や、現在治療中の病気について尋ねられる項目があります。
患者さんの健康状態を総合的に判断するための必要な情報になりますので、問診票で尋ねられる項目は、しっかりお答えしましょう。

視診について

O脚やX脚の人は変形性膝関節症になりやすく、病気の進行にしたがってO脚やX脚が悪化します。
また、膝がまっすぐ伸びない、歩幅が狭くなった、膝がぐらついて不安定な歩き方をするなども、変形性膝関節症の特徴です。
脚の形や歩き方を見ることによって、膝に関する様々な情報が得られます。
診察を受けるときには、いつも履いている靴を履いていき、普段の歩き方を見てもらいましょう。

触診・理学的検査について

医師が実際に膝を触ったり、動かしたりして膝の状態を詳しく調べます。
・腫れや熱っぽさの有無
・水がたまっているかどうか
・膝を動かしたときの異常な音
・膝の可動域
・膝のぐらつきや筋力低以下の有無
・痛む場所
などを確認していき、特に、押して痛いところがないかどうか確認する診察は重要です。
膝の靭帯や筋肉の痛んでいる場所が分かると、診断の助けになります。

画像検査で診断を確定します

膝の状態を客観的に調べるのが画像検査です。
大腿骨と脛骨の隙間や、大腿骨と膝蓋骨の隙間の状態、骨棘や骨のう胞の有無などが分かります。

単純X線検査は必ず行う

変形性膝関節症の診断で単純X線検査は必ず行います。

単純X線検査で分かる変形性膝関節症のグレード0
グレード0は、正常な状態です。
関節の隙間が十分にあり整っています。
単純X線検査で分かる変形性膝関節症のグレード0

引用元;サイト名:変形性膝関節症の保存療法と運動療法(有酸素運動)|パシフィックニュース(Pacific News) | パシフィックサプライ株式会社

単純X線検査で分かる変形性膝関節症のグレード1
骨棘や骨のう胞、骨の硬化が見られます。
単純X線検査で分かる変形性膝関節症のグレード1

引用元;サイト名:変形性膝関節症の保存療法と運動療法(有酸素運動)|パシフィックニュース(Pacific News) | パシフィックサプライ株式会社

単純X線検査で分かる変形性膝関節症のグレード2
関節の隙間が狭くなっている(2分の1以下)
単純X線検査で分かる変形性膝関節症のグレード2

引用元;サイト名:変形性膝関節症の保存療法と運動療法(有酸素運動)|パシフィックニュース(Pacific News) | パシフィックサプライ株式会社

単純X線検査で分かる変形性膝関節症のグレード3
関節の隙間がさらに狭くなっている(2分の1以上)
単純X線検査で分かる変形性膝関節症のグレード3

引用元;サイト名:変形性膝関節症の保存療法と運動療法(有酸素運動)|パシフィックニュース(Pacific News) | パシフィックサプライ株式会社

単純X線検査で分かる変形性膝関節症のグレード4
関節の隙間が消えている。
単純X線検査で分かる変形性膝関節症のグレード4

引用元;サイト名:変形性膝関節症の保存療法と運動療法(有酸素運動)|パシフィックニュース(Pacific News) | パシフィックサプライ株式会社

正面や側面から膝を撮影し、膝の関節(大腿脛骨関節、膝蓋大腿関節)の状態を調べます。
骨と骨の隙間の空き具合や骨棘や骨のう胞の有無を確認することが目的です。
問診、視診、触診・理学的検査、血液検査や尿検査の結果に加え、単純X線検査の所見で、変形性膝関節症が明らかなら診断が確定します。
単純X線検査の画像からは、進行の程度も分かりますが、病期と症状の重症度は、必ずしも一致しません。
病期が進んでいるのに、痛みなどの症状がそれほど無いこともあれば、有ることもあります。
単純X線検査で判断するグレードは、自覚症状などから判断する初期・中期・末期とは、必ずしも一致しません。
画像検査では進行していても、自覚症状があまり強くない場合や、その逆の場合もあります。

MRIやCTなどの精密検査を行うこともある

MRI検査は、関節軟骨や半月板、靭帯、滑膜なども映し出すことができます。
半月板損傷や靭帯損傷の有無、大腿骨顆部骨壊死の有無を調べたいときや、手術の前に、軟骨の状態も含めた詳細な情報が欲しいときに行います。
CT検査は、骨の状態を詳しく知ることのできる検査です。
骨棘や骨のう胞といった骨の変形、骨粗鬆症など骨の質の異常などを詳しく調べることができます。

変形性膝関節症は進行性の病気です

膝の軟骨は、少しずつすり減り、3~6ケ月くらいの周期で、一時的に症状が軽くなる時期があることから、進行に気づきにくいのですが、一度すり減った軟骨が自然に回復することは難しく、放置すれば、ますますすり減っていきます。
変形性膝関節症の進行をできるだけ抑えるためには、生活改善や体重コントロール、運動療法などを行って、膝の負担を軽くすることが何よりも効果的です。
痛みがある場合、痛み止めの内服やヒアルロン酸やステロイド薬の関節注射で痛みをコントロールしながら運動療法などを行います。

病院や医師の選び方

手術件数や専門医の資格、さらには医師の容貌までも簡単に調べられるので、情報がありすぎて迷うほどですが、医療機関を選ぶ時の第一のポイントは、自宅から無理なく通えるかどうかです。
ただし、自宅から近いといって、いきなり大学病院に行くのは、何かと時間がかかってしまうので、得策は言えません。
変形性膝関節症の場合、初診では、まず問診、次に触診などの診察を行い、X線検査後、その結果を説明され、治療を行うというのが一般的な流れになります。
知っておきたいのは、1回の受診で治ることはまれであり、最低でも一か月間は治療を続けないと、効果は判断できないということです。
一か月通院しても全く改善しない時には、医師に正直に伝え、次の手を考えてもらい、それでもうまくいかなければ、別の医療機関の受診を検討してもよいでしょう。

良医に出会うためのチェックポイント

医師も一人の人間で、相性もあるため一概には言えませんが、次のような場合は、別の医師や医療機関への変更を考えるべきかもしれません。
①不潔
②服装がだらしない(白衣が汚れている、柄物のTシャツが白衣から透けているなど)
③説明が分かりにくい
④質問すると嫌な顔をする
⑤初診時から強く手術をすすめる
⑥効果の得られない治療を続ける
⑦なんとなく好きになれない
①②は言うまでもないことですが、③は、患者側の立場で物事を考えられない可能性があります。
④は、診療時間に限りがあるため、患者側にも配慮が必要ですが、質問に分かりやすく答えることは、医師に求められる能力の一つです。
⑤は、変形性膝関節症で手術になるのは、一般的に10人に1人です。
多くは、保存療法を続けていくので、いわゆるゴッドハンドの名医より、長く付き合える良医に出会うことが大切です。
したがって、⑥や⑦も見逃せません。
良医とは、人間性とプロ意識を持った医師のことです。

セカンドオピニオンについて

手術をすすめられて、セカンドオピニオンを聞きたいと思ったら、素直に相談しましょう。
快く紹介状や検査データを用意する医師なら、誠実な人柄だと考えられます。
執刀医についても①~⑦を確認しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*