変形性膝関節症の原因を分かりやすく説明しているサイトです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
変形性膝関節症の原因を分かりやすく説明しているサイトです

変形性膝関節症になりやすい人とは?

変形性膝関節症の有病率
変形性膝関節症の有病率

引用元;サイト名:JR東京総合病院 | 健康教室のご案内 | 中高齢者の膝痛教室(膝教室)

女性は50歳代半ば、男性は60歳代半ばから変形性膝関節症が急増します。
患者の数は、女性のほうが男性より3倍くらい多いです。
変形性膝関節症は、中高年以降の女性が特に注意すべき病気です。
女性に多い理由は、男性に比べて関節が小さく、ハイヒールを履くこと、正座や女性座り(横座り)すること、家事のためにしゃがむ機会が多いことや、閉経による女性ホルモンの減少などが影響すると考えられています。

変形性膝関節症になりやすい職業とは?

立ったり座ったりする職業、階段を頻繁に上り下りする職業など、膝に負担のかかるお仕事をしている方に、変形性膝関節症が多く見られます。
また、激しいスポーツで膝を酷使した人も要注意です。
肥満の方も要注意です。
長年の膝への負担とは別に、何らかの病気や怪我が原因で変形性膝関節症が起こることもあります。
例えば、関節リウマチや感染性関節炎んど、関節に炎症が起きる病気、若いころの膝の骨折や脱臼、靭帯の損傷、半月板損傷などです。
このように原因がはっきりしているものを二次性変形性膝関節症と言います。
病気や怪我とは無関係のものを一次性変形性膝関節症と言い、日本人に多いのは、この一次性です。
二次性変形性膝関節症の場合、元の病気や怪我をきちんと治療することが重要です。

変形性膝関節症は遺伝も影響するの?

軟骨が傷つきやすいという遺伝子の特徴をもつ人は、変形性膝関節症になる危険性が高く、他の関節の変形性膝関節症にもなりやすいことが分かっています。
また、ヘバーデン結節(手の指の第一関節に起こる変形性関節症。40歳以降の女性に多く、症状は第一関節の腫れと痛みですが、炎症が強いときは発熱・発赤も見られます。)のある人は、加齢とともに変形性膝関節症になりやすいと言われています。

変形性膝関節症の痛みは特徴があります

動かしはじめに痛い
歩きはじめや立ち上がる時に膝が痛むが、少し休んだり我慢しているうちに痛みはおさまるという症状が見られたら、変形性膝関節症の疑いがあります。
痛むのは、軟骨の破片が滑膜を刺激するためです。
O脚の人は膝の内側、X脚の人は膝の外側に痛みを感じることが多いですが、膝のお皿の周囲が痛んだり、膝の後ろ側に張りを感じることもあります。
階段の上り下りの時が痛い
階段の上り下りで膝が痛む症状は、中期の変形性膝関節症によくみられます。
最初は下りの時だけ痛かったものが、軟骨の摩耗が進むにつれて上りでも痛むようになります。
変形性膝関節症の痛みは、数か月単位で良くなったり悪くなったりと波があるのが特徴です。
一時的に良くなったからといって、治ることはありません。
進行していく病気なので、年単位でみれば確実に悪化していきます。
関節の内部は、関節液という粘り気のあり、糸を引くように伸びる液体で満たされています。
関節液が潤滑液となって、膝の動きをスムーズにしているのですが、関節軟骨や半月板がすり減り、けば立つと関節液が馴染むのに時間がかかるようになります。
関節液が馴染むのに時間がかかるようになるので、動かしはじめに摩擦が生じて、こわばりや痛みが出てしまいます。
動き出す前に、膝に負担がかからない椅子に腰かけたまま行う準備運動をすると、痛みが和らぎます。
変形性膝関節症の人の関節液は、粘り気はあっても糸を引く力が弱いので、ヒアルロン酸製剤の関節内注射で糸を引く力を足します。

O脚の人にみられる痛み

膝の内側が痛い

X脚の人にみられる痛み

膝の外側が痛い

膝のお皿周りにみられる痛み

膝のお皿周りが痛い

膝の後ろ側にみられる痛み

膝の後ろ側が痛い

変形性膝関節症の痛み以外にも注意することがあります

変形性膝関節症の痛み以外の症状

最初~初期にみられる症状について

まず、最初に、膝周辺の筋肉や筋が張りやすくなったりします。
よく歩いた日の夜や翌日、膝の後ろ側などが張りますが、膝を休めれば徐々に回復します。
そして、変形性膝関節症で初期に自覚する症状は、下記の2つが多いです。
1.朝起きた時や、長時間座っていた直後に、膝を動かしたら、なんとなく膝が重たく、スムーズに動かないという違和感。
2.膝が固くなり、動かしにくいこわばり。
軟骨がすり減って毛羽立つと、関節の潤滑液である関節液が軟骨になじみにくくなるため、このような症状があらわれますが、動いているうちに関節液がなじみ、違和感やこわばりは数分で消えます。

中期にみられる症状について

軟骨の毛羽立ちが強くなり、剥がれた破片が関節の隙間に挟まると、膝を曲げ伸ばしした時、ガリガリという音が聞こえます。
また、炎症のために関節液が大量に分泌されるようになると、膝に水がたまった状態になり、膝が腫れて重だるく、熱っぽく感じます。
炎症を繰り返すうちに、滑膜は固くなって厚みを増し、柔軟性が低下していきます。
痛みのために膝を動かさないと、筋肉や靭帯の柔軟性が失われ、炎症の慢性化によって周囲の組織との癒着も進み、膝を十分に伸ばしたり曲げたりできない拘縮状態(関節の動きが制限された状態)になります。
拘縮は、徐々に進みますが、症状が軽いうちは、膝を伸ばしきれないことに気づかない人が少なくありません。
膝は、わずかに曲げた状態でも日常生活に不自由がないため、気づきにくいのです。
さらに、骨棘(骨のトゲ)ができると、骨棘が邪魔して膝をまっすぐに伸ばせなくなったり、曲げ伸ばしするときに、引っかかるような感じがしたりします。
また、半月板がすり切れた状態になると、膝が伸びきらないだけでなく、歩いている時や階段の上り下りの時に、突然、膝がガクっと崩れたりします。
膝の軟骨や骨の変形が進み、O脚がひどくなるのも、この時期です。

末期にみられる症状について

拘縮が強くなる末期には、自力で歩けない、立ち上がれないなどの機能障害が目立ってきます。
また、体を動かさなくなることによって、全身の筋力が衰えるだけでなく、肺や心臓の機能も低下していきます。

変形性股関節症の事も知っておきましょう

股関節は、膝の次に変形性股関節症になりやすい関節です。
患者は、国内におおよそ200~500万人いますが、圧倒的に女性が多く男性の5倍と言われています。
変形性股関節症は、股関節の軟骨がすり減る病気です。
症状は、股関節の違和感にはじまり、徐々に、歩行時の股関節痛が出てきます。
太もも(大腿部)、おしり、背中や腰に痛みがおよぶこともあります。
脚を内側ひねった時や脚を組んだ時、股関節を深く曲げた時や、ぴんと伸ばそうとする時に痛みを感じます。
痛みのせいで、股関節の動かせる範囲(可動域制限)が狭くなることも特徴です。
また、痛みや筋力低下のために、跛行(病気や怪我のために正常な歩行ができないこと)があらわれることもあります。
軟骨の摩耗や骨の変形が進んだ進行期には、痛みのために歩行が困難となり、日常生活全般に不自由を感じるようになりますが、末期では、むしろ痛みが軽くなる傾向がみられます。

変形性股関節症が女性に多いのは、股関節の形に異常がある人が多いから

股関節の構造
股関節の構造

引用元;サイト名:股関節の仕組みと働き | 人工股関節全置換術サポートサイト THAケアネット

股関節は、大腿骨側の球状の骨(大腿骨頭)と、骨盤側にあるお椀状の寛骨臼(臼蓋)からできています。
大腿骨頭と寛骨臼には、それぞれ関節軟骨があり、間接的は関節液で満たされています。
寛骨臼は、大腿骨頭の屋根のようなもので、普通は大腿骨頭の3分の2程度を覆っていますが、生まれつき屋根の面積が狭い人がいます。
生まれつき寛骨臼の面積が狭いことを臼蓋形成不全といい、変形性股関節症の人の80%に見られます。
臼蓋形成不全があると、寛骨臼と大腿骨頭が接する面積が小さく、狭い範囲に負担がかかります。
そのため、関節軟骨がすり減りやすいのです。
臼蓋形成不全は女児に多いことから、変形性股関節症も女性に多く、40~50代から発症する人が増えます。
もともとの形の異常に加え、軟骨がすり減って、関節の隙間が狭くなったことによって、変形性股関節症のある側の足が健康な側の足よりも数cm程度、短くなる傾向があります。
これも跛行の一因となります。

股関節の動きをよくするストレッチ

変形性股関節症が進行するに従って、痛みだけでなく関節周囲の筋肉や靭帯などの組織が固くなるなどして、股関節が十分に伸びなくなるといった症状があらわれてきます。
関節の変形や痛みがあると、姿勢や歩き方が不自然になります。
初期に特徴的なのは、骨盤を前傾させる姿勢は、痛みをかばうためのもので、股関節の動きをいっそう悪くし、股関節を支える筋肉を衰えさせます。
股関節を支えるお尻の筋肉(中殿筋や小殿筋)が落ちると、腰が左右に大きく揺れる歩き方をするようになります。
このような症状を改善するために、まず、股関節周辺の筋肉や組織を柔軟にしておくことが有効です。
適切なストレッチを行うと、筋肉や組織の緊張がゆるみ、徐々に柔軟性を回復させることができます。

生活改善や体重コントロールで股関節の負担を減らす

変形性股関節症の治療は、変形性膝関節症と同じく保存療法と手術療法になります。
保存療法は、生活改善、体重コントロール、運動療法、物理療法、装具療法、薬物療法があり、その人の病気や病状、生活背景などを考慮して、いくつかを組み合わせて行います。
保存療法で、特に重要なのは、生活の洋式化、長距離歩行の禁止、杖の使用、運動療法による筋力向上、そして、体重コントロールです。
つまり、股関節にかかる負担を少なくしながらも、活動量を減らさないことが大切です。
保存療法を3~6カ月間行っても、痛みのために日常生活に支障がある場合などに、手術療法を検討します。

手術は自分の骨を使う方法と人工関節があります

手術は、自分の骨を使う方法と、人工関節に置き換える方法があり、患者さん一人一人の個別性をもとに手術法を選択します。
手術法を決めるポイントとして、下記4項目があります。
1つ目:年齢…一般的に、若い人は自分の骨を使う手術、高齢者には人工関節を検討する
2つ目:性別…女性が多いので、結婚、妊娠、育児について考慮する
3つ目:片側か両側か…手術は症状の思い方から行う
4つ目:他の関節の状態…膝や腰椎などが悪い場合は、術後の体重のかかり方なども考える
他にも、患者さんの生活環境や職業、人生で大切にしていることなどを考慮し、本人と家族、医師が十分に話し合って決めることが大切です。
人工股関節全置換術は、人工膝関節置換術と比べ、早く痛みが改善する傾向があります。
ただし、脱臼などの合併症の発生率に、術者の習熟度が影響を与える度合いが、膝に比べて大きいとされています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*