インコタームズ

Eのグループ

EXW (Ex Works)
出荷工場渡し条件
・売主は売主の敷地(工場)で買主に商品を渡し、それ以降の運賃/保険料/リスクの一切は買主が負担します。
・また、買主が輸出通関を行います。
・買主が売主の工場や倉庫まで貨物を引き取りに行くといった場合に使います。
・売主にとっては、貨物を引き渡した時点で危険負担が買主に移るので、リスクと費用負担が最も少ない貿易条件となります。
・逆に、買主にとっては仕出国から自国まで持ち込むための輸出入通関諸掛、運賃、関税など、すべて負担しなければならず、貨物自体の代金は安くても、リスクと費用負担が最大な貿易条件ということになります。

Fのグループ

FCA (Free Carrier)
運送人渡し条件
・危険負担が移転する時:輸入者が手配した運送人に輸出者が「指定場所」で商品を引き渡した時点
※「指定地」がCYの場合は、CYのゲートに搬入した時点、
※「指定地」がCFSの場合は、CFSに到着した輸送手段の上(例:トラック荷台上)で運送人に引き渡した時点

FAS (Free Alongside Ship)
船側渡し条件
・危険負担が移転する時:輸出国側の指定港で、輸入者が手配した「本船の船側」に輸出者が商品を置いた時点
※本船の船側とは、本船が着岸している「埠頭」や本船に横付けする「はしけ」などがある。
※売主は積み地の港で本船の横に荷物を着けるまでの費用を負担し、それ以降の費用及びリスクは買主が負担します。(売主は船にまで積み込む必要はない)

FOB (Free On Board)
本船渡し条件
・危険負担が移転する時:輸出国側の指定港で、輸入者が手配した「本船上」に輸出者が商品を置いた時点
※売主は積み地の港で本船に荷物を積み込むまでの費用を負担し、それ以降の費用及びリスクは買主が負担します。

Cのグループ

売主は輸入国までの運送費を負担します。

CPT (Carriage Paid To)
輸送費込み条件
・商品を運送人(運送会社)に引き渡した段階で輸出者から輸入者にリスクの負担が移転します。

CIP (Carriage and Insurance Paid To)
輸送費・保険料込み条件
・商品を運送人(運送会社)に引き渡した段階で輸出者から輸入者にリスクの負担が移転します。
・売主は上記CPT条件に加えて輸入国までの貨物保険を売主の負担で付保しなければなりません。

CFR (Cost and Freight)
運賃込み条件
商品が船に積まれた段階で輸出者から輸入者へリスクの負担が移転します。
売主は輸出国の港で本船に荷物を積み込むまでの費用及び海上運賃を負担し、それ以降の保険料及びリスクは買主が負担します。
(1990年のインコタームズ改正まではC&Fと呼ばれており、現在でもC&Fと呼ばれることがあります)

CIF (Cost, Insurance and Freight)
運賃・保険料込み条件
商品が船に積まれた段階で輸出者から輸入者へリスクの負担が移転します。
売主は、輸出国の港で本船に荷物を積み込むまでの費用、海上運賃及び保険料を負担し、それ以降のリスクは買主が負担します。

Dのグループ

売主の負担が最も大きい条件になります。

DAT (Delivered Duty at Terminal)
ターミナル持ち込み渡し条件
DATはインコタームズ2010(2011年1月1日発効)から新設された条件です。
危険負担が移転する時:商品が輸入国に到着後、船や飛行機から荷降ろしした商品を指定ターミナルで輸入者に引き渡した時点
売主が指定されたターミナルに持ち込み、商品が荷卸しされるまでのコストとリスクを負担します。

DAP(Delivered Duty at Point)
仕向地持ち込み条件
DAPはインコタームズ2010(2011年1月1日発効)から新設された条件です。
危険負担が移転する時:輸入国側の指定された場所(輸入通関前)で輸入者に引き渡した時点
※「指定された場所」に到着した輸送手段(船やトラックなど)の上で荷降ろしの準備ができた状態で、商品を輸入者に引き渡す(荷降ろしは輸入者の危険負担範囲)

DDP (Delivered Duty Paid)
仕向地持ち込み渡し関税・租税込み条件
危険負担が移転する時:輸入国側の指定された場所(輸入通関後)で輸入者に引き渡した時点
※「指定された場所」に到着した輸送手段(トラックなど)の上で荷降ろしの準備ができた状態で、商品を輸入者に引き渡す(荷降ろしは輸入者の危険負担範囲)
※売主は指定された目的地まで商品を送り届けるまでのすべてのコスト(輸入関税と租税も含む)とリスクを負担します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする