輸入申告書の問題を解く手順

輸入申告書の問題を解く手順

【1】問題文を読み重要な箇所に線を引く
(1)問題文の記 1から順に読んでいきます。

【2】為替相場レートを仕入書(INVOICE)に書く

【3】仕入書(INVOICE)を見て、品目に上から① ② ③と番号を付ける
(1)仕入書(INVOICE)の契約条件は、輸入の場合、さほど気にしなくてもよい。気にしなくてもよい理由は、輸入の場合、ほとんど契約条件がCIFと仕入書(INVOICE)に書かれているからです。

【4】別紙2の輸入申告事項登録(輸入申告)のa、b、c、d、eの欄に品目番号をマークする、f、g、h、i、jの欄に申告価格を日本円でマークするのだということを確認する。

【5】仕入書(INVOICE)を見て、品目の① ② ③と順に品目番号の分類をする。

【6】同じ品目番号がある番号、同じ品目番号同士を一つにまとめる。
(1)同じ品目番号同士をまとめた後、品目の数が5個以上あると、輸入申告書の5欄以内におさまらないので、申告価格が20万円以下のものがあれば、20万円以下のもの同士でまとめましょう。

【7】20万円以下のものがないかを確認する。
(1)例えば、為替相場レートが120円であれば、200000円÷120円=$1666になります。

(2)仕入書(INVOICE)を見て、$1666以下の品目があるかどうかを確認する。

(3)問題文の記のところに、申告価格に参入すべきものがある場合、参入すべき価格を足した後、$1666以下になるかを確認する。

(4)20万円以下になるもの同士を一つにまとめる。

【8】申告価格を計算する
(1)仕入書(INVOICE)を見て、品目の① ② ③と順に$価格に為替相場レートをかけて日本円にする。

(2)問題文の記のところに、申告価格に参入すべきものがある場合、参入すべき価格を足しましょう。

【9】回答用紙にマークする答えをだす
(1)別紙2の輸入申告事項登録(輸入申告)のa、b、c、d、eの欄に品目番号をマークする
(2)申告価格の大きいものから順にa、b、c、d、eと並べます
(3)同じ品目番号同士を一つにまとめた場合、申告価格を合計して、申告価格の大きいものから順にa、b、c、d、eと並べます
(4)品目番号が異なるものを一括して一覧にまとめた場合、最後の欄(5欄目のeの欄)になる
(5)別紙2の輸入申告事項登録(輸入申告)のf、g、h、i、jの欄に申告価格を日本円でマークする

以上が輸入申告書の問題を解く手順になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする