貿易実務検定B級 11/17(土)の解説

第52回 貿易実務

問題3

P49

P50

P51

P52

P53

問題3(2)

シッパーズユーザンス手形
期限付輸入手形と言われ、輸出者が輸入者に対して手形期日まで支払いを猶予するものです。
通常引受渡条件が一般的であり、輸入者は支払猶予された期限付手形上の債務を引き受けさえすれば船積書類を受取ることができます形上の債務を引き受けさえすれば、船積書類を受取ることができますので、手形期日までに商品の処分が可能となります。
輸入者が支払ってからの輸出代金の受領となりますので、実質後払いとなります。
※シッパーズ・ユーザンスは輸出者の資金力が十分であり、輸入者の信用も確実な場合のみに行われます。

Document Against Payment:D/P手形
商品の到着前に全額を支払う(前払いになる)
輸入貨物代金を支払うことで船積書類を入手

Document Against Acceptance:D/A手形
代金決済前に商品を受け取ることができる(後払いになる)
手形の期日支払いを確約することで船積書類を入手
一定期間のうちに代金を支払う条件がつき、たとえば、「D/A 30 days after sight」は、手形を引き受けた日から30日後に払うという意味

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする